2歳でプラレールは早い?知育効果やメリットデメリットを調査

2歳でプラレールで遊ぶのは早いのか、知育効果やメリットデメリットについてご紹介します。

2歳のお子さんのおもちゃを選ぶ際にこんなお悩みはありませんか?

  • 子供の知育に適したおもちゃを選びたい
  • 子供が楽しみながら成長できる遊びはどんなものか
  • プラレールに興味を持ち始めたけど本当に2歳児に適しているのか

2歳の男の子だと電車や車に興味を持ち始めたりする時期で、親としてもプラレールを購入しようかと考えるタイミングになってきますよね。

けれど、細かいパーツも多いので誤飲してしまわないか気になってしまうと思います。

そこで、2歳児でもプラレールは遊べるのか、メリット・デメリットについて調べてみました。

  • 2歳の子供でもプラレールで遊ぶことが出来る
  • ただし、親や大人の関わり合いが大切
  • プラレールは想像力や創造力を高めるメリットがある

本文で、2歳でプラレールは早いのか、知育効果やメリットデメリットについてさらに詳しくご紹介します。

2歳でプラレールは早い?

2歳からプラレールで遊び始めるのは早いのではないかと心配する声もありますが、実際に2歳向けのプラレールのおもちゃもたくさんあるので、早いということはありません。

年齢に合わせた遊び方を提案している商品も多いですよ。

例えば、簡単に操作できるプッシュ式の電車や、大きなボタンで動かすことができるセットなど、2歳の子供でも扱いやすい設計のものもあります。

また、2歳のお子さんがプラレールで遊ぶ時には、親が一緒に遊んであげることは前提となってきます。

大人と一緒に遊ぶことで、より安全に、そして楽しく遊ぶことができ、プラレールを通じて親子のコミュニケーションを深めることもできますよ。

子供の興味や発達段階に合わせて、プラレールを選ぶことが大事ですね。

例えば、1歳半から遊べるプラレールがあるので2歳児には問題なく扱えます。

知育効果に期待!2歳児プラレールの遊び方

2歳のお子さんは以下のような遊び方をすることで、知育効果も期待できます。

  • レールをつなげる
  • 高さのあるレイアウトを作る
  • 列車を走らせる
  • 色々なシナリオを想像する
  • 片付けを習慣づける

それぞれの遊び方から繋がる知育効果を一つずつ説明します。

レールをつなげる

自分でレールを組み立てることで、手先の器用さや問題解決能力が育まれます

また、創造性を刺激することから空間認識能力を高める効果もあると言われています。

2歳児でも遊びながら学べる最適な方法です。

高さのあるレイアウトを作る

坂レールやブロック橋脚を使って高低差を出すことで、空間認識能力の向上につながります

こうした高低差によって低いところから高いところに上っていく、またその逆の動きをを見ることで物事の決まりや自然のルールを学ぶことができます。

列車を走らせる

レイアウトを完成させて列車を走らせることで、達成感を感じ集中力が養われます

さらに、計画性や前もっての準備の重要性を学ぶこともできるので、思考力を育てる素晴らしい機会となります。

色々なシナリオを想像する

駅やトンネルなどの情景を使って、子供が自分だけの世界を作り出す想像力が刺激されます

独自の冒険をしているような感覚にもなるので、自由に創作活動を楽しむことができます。

片付けを習慣づける

遊び終わった後に片付ける習慣を身につけさせることで、整理整頓能力が身につきます

この習慣は責任感を育て、物事を計画的に進める力も養います。

片づける習慣は、日常生活における大切なスキルです。

毎回箱にしまうのは難しいという場合は、専用の収納ボックスを作ると良いですね。

片付けに関しては、お片付け専用のBOXを作っておきレールや電車などのしまう場所を作っておくことで片付け方も理解しやすくなってきます。

中に何が入っているかもわかりやすくするのは、透明ケースをお使うのがおすすめです。

2歳児がプラレールで遊ぶメリットデメリット

2歳児がプラレールで遊ぶメリットとデメリットが気になってしまいますよね。

そこで、以下にメリット・デメリットをまとめたので、参考にしてみて下さい。

メリット

メリットは先ほどお伝えした知育効果に関係してきます。

プラレールは子供の想像力と創造力を伸ばすのに役立つので、想像力が上がります。

そしてレールを組み立てることで、子供の論理的思考や問題解決能力が育つのです。

またレールや車両を組み立てる動作は、細かい作業もあったりするので、手先の器用さが向上します。

黙々と組み立てたり納得のレールができるまで続けたりすることで集中力を鍛えることができ、親子で一緒に遊ぶことで、コミュニケーション能力が向上する効果も期待できるんです。

デメリット

プラレールのセットが増えると収納が難しくなり、片付けに困ることがあります。

また電動のプラレールは電池が必要で、交換が必要になったりすることもあるのです。

そして子供が扱うおもちゃなので、壊れるリスクもあります。

以上がデメリットです。

プラレールは細かいパーツがあったりと収納や管理には注意が必要です。

特に2歳児だと誤飲を避けるために、細かいパーツの取り扱いを気を使いますよね。

お子さんの興味や安全を考慮しながら、楽しい時間を過ごしてください。

2歳でプラレールは早いのかまとめ

この記事では、2歳でプラレールは早いのか、知育効果やメリットデメリットについてまとめました。

  • 2歳からでもプラレールで遊ぶことはでき、親の手助けを受けながら楽しむことができる
  • プラレールを使うと、想像力や創造力、問題解決能力、手先の器用さが向上し、集中力やコミュニケーション能力も高められる
  • プラレールはセットが増えると片付けが難しくなったり、電動のプラレールは電池が必要で壊れやすいというデメリットもある
  • プラレールは子供の成長に多くのメリットをもたらすが、デメリットも考慮して親子で楽しむことが大切

私の子供がとてもプラレールにハマったので、気づけばレールやプラレールがたくさん増えています。

そのため、片付け場所が大変にはなっていますが想像力は身についていると感じます。

また、幼児期を過ぎ小学生になっても遊んでいたりして長く楽しめたので、プラレールはとてもオススメな遊びです。

タイトルとURLをコピーしました