自転車カバーが飛ばないための工夫術!風飛び防止の方法を紹介

暮らし

自転車カバーが飛ばないための工夫についてご紹介します。

風が強いと自転車カバーが風で揺れて飛んでしまったり、バタバタとうるさいことがあるのではないでしょうか。

もし自転車カバーが飛んでしまったら、近所の家に傷をつける恐れもあるので避けたいですよね。

そこで、自転車カバーが飛ばない工夫について調べてみました。

  • 適切な工夫で自転車カバーが飛ぶのを防げる
  • カバーの口はしっかり閉じて固定する
  • 四隅に重石を設置すると、カバーが安定し飛ばされにくくなる
  • ばたつき防止ベルトは、最も効率的な固定方法

本文で、自転車カバーが飛ばない工夫についてさらに詳しくご紹介します。

自転車カバーが飛ばないようにする工夫

自転車カバーが飛ばないようにするためには、カバーの固定方法を工夫することが重要です。

方法として以下のことがあげられます。

  1. 自転車カバー下部をしっかり締める
  2. 重りを付ける
  3. ばたつき防止ベルトを利用する

一つずつ説明していきます。

自転車カバー下部をしっかり締める

まず、カバーの下部にあるゴムバンドをしっかりと引き締め、自転車のフレームに固定することで、風が強くてもカバーが持ち上がりにくくなります。

ただ、そういった場合だと強風のときには風受けが強くなり自転車ごと倒れてしまうように思いますよね。

重りを付ける

さらに、カバーの四隅に重りをつけるとより効果的です。

専用のクリップやストラップを使用して地面や自転車に固定することで、風による飛びを防ぐことができます。

四隅に付ける方が良いのでセットのものがお得です。

ばたつき防止ベルトを利用する

自転車カバーのばたつき防止ベルトは、自転車をしっかりと固定することができるので、カバーの風飛び防止には一番役立ちます。

詳しくは次のところでお伝えしますね。

これらの方法は、簡単に実施できる上にコストもあまりかからないため、日常的に自転車カバーを使用する方には特におすすめです。

自転車カバーの風飛びばたつき防止はベルトが便利

自転車カバーの風飛びを防ぐためには、ベルトを使用する方法が非常に効果的です。

市販されている自転車カバー用の固定ベルトは、カバーの中央部分や下部をしっかりと固定することができるようになっています。

そのため、風が強い日でもカバーがばたついたり飛んだりするのを防ぎます

また、ベルトの長さを調節できるため、自転車のサイズに合わせて最適な固定が可能です。

ベルトには耐久性のある素材が使用されていることが多いので、一度購入すれば長く安心して使い続けることができます。

自転車カバーが飛ばない工夫まとめ

自転車カバーが飛ばされないようにするための方法をご紹介しました。

  • 工夫すれば自転車カバーが風に飛ばされないようにすることはできる
  • カバーの口をしっかりと締めることは必要
  • 重石を四隅に取り付ければ飛びにくくなる
  • 自転車カバーのばたつき防止ベルトは一番効果的!

外に置いている自転車は、強風で倒れないようにするために自転車スタンドも設置しておくと安心ですよ。

タイトルとURLをコピーしました