新幹線の自由席はどこに座るといい?空いてる場所は何両目かとおすすめの位置

新幹線の自由席はどこに座るといいのかについて空いてる場所が何両目かご紹介します。

新幹線の自由席に乗るときこんなお悩みはありませんか?

  • 初めて新幹線の自由席に乗るけど、どこに座るといいのだろう
  • 新幹線の自由席は何両目なんだろう
  • 新幹線の自由席は空いているのだろうか
  • もし自由席が座れなかったらどこにいたらいいのだろう

初めて新幹線の自由席に乗るときは、知らないことが多くて不安感が出てしまいますよね。

そこで、新幹線の自由席はどこに座るといいのかについて調べてみました。

  • 新幹線の自由席は「自由」なので空いている好きな場所に座ってOK
  • 席を変わりたければ自由に移動しても大丈夫
  • 新幹線は4号車までが自由席のことが多い
  • 新幹線の1両目は座れる可能性が高い
  • 自由席も座れないほど混雑しているときは立席が準備されることがある

本文で、新幹線の自由席はどこに座ればいいのかとおすすめの座る場所についてさらに詳しくご紹介します。

新幹線の自由席はどこに座ってもいい

新幹線の自由席は座る場所が決められていないので、どこに座っても構わないことになっています。

新幹線には自由席と指定席の2つがあり、車両ごとに自由席と指定席に分かれています。

設けられている自由席の数は新幹線の種類などによって違いはありますが、大体全体の座席数の20%と言われています。

先頭車両から4号車までが自由席となっている新幹線がほとんどです。

それぞれの新幹線に自由席専用の車両があるので、初めての人もまずはそこに乗り込めば問題ありません。

自由席の車両で空いている席ならばどこに座っても構いませんし、自由に移動することもできます。

旅の途中で見たい景色があるときは、席さえ空いていれば好きなタイミングで違う自由席に移動しても大丈夫です。

新幹線の自由席で比較的空いてる場所

新幹線の中でも比較的空いているのが、ホームにある階段から遠い位置にある車両です。

新幹線の利用者はホームに出るために使った階段から遠い場所に移動するのは億劫、大変だと思うことがほとんどです。

そのため、なるべく歩きたくないからという理由で階段から近くの車両を選んで、席を探し出すことが多いのです。

特に旅行や出張などで大荷物を抱えていると遠くには行かず、階段から近くの車両を探してしまいがちです。

このような理由から、ホームに出るために使う階段から遠くにある車両を選ぶことで座れる確率は高くなります。

具体的に何両目のどこが空いてるかと言うと、1両目です。

ほとんどの新幹線は3両目が一番階段から近く、1両目が階段から遠い場所に停車しています。

1両目ならある程度歩く必要があるので、空いていることが多いのです。

座れないとき新幹線のデッキや通路に座るのはNG!

長期の休みや年末年始など多くの人たちが新幹線を利用するタイミングでは、自由席も満席になってしまうことがあります。

満席になっているときには、車両と車両の間にある通路に立つようにします。

また、自由席の他に指定席も満席になったときには、立席というものが販売されることがあります。

立席は指定席が満席の場合、指定席車両に立って乗っても構わないというものです。

これは、立席チケットを持っていなければ指定席車両には乗れないので注意してください。

ただ車内がとても混雑していて乗客が異常に多い場合は、車掌の判断で自由席のチケットだけでも指定席のデッキに移動することが出来るケースがあります。

その場合は車内アナウンスが流れますので、混雑していてどの自由席にも座れそうにないときは、車内アナウンスに耳を傾けておくと良いですよ。

新幹線の自由席はどこに座るといいかまとめ

この記事では、新幹線の自由席はどこに座るといいかについてまとめました。

  • 新幹線の自由席は、先頭から4両目までがほとんど
  • その中でも、1両目が比較的空いてる確率が高い
  • 新幹線が混雑しているときは、立席が準備されることがある
  • 立席チケットを持っていれば指定席の車両で立つことができる

旅行や出張で新幹線を使うときは、出来るだけ移動時間はゆっくりと過ごしたいと考えると思います。

そのため、座って移動したいですよね。

空いている場所を事前に知っておけば、スムーズに席に座ることができますよ。

タイトルとURLをコピーしました