クリスマスチキンはいつ食べるのが正しいの?24日のイブで大丈夫?

食べ物

クリスマスチキンはいつ食べるのが正しいのか、24日のイブで大丈夫かについてご紹介します。

クリスマスといえばクリスマスチキンですが、こんな疑問はありませんか?

  • クリスマスチキンは24日と25日どの日にに食べるのが正しいのか
  • クリスマスチキンとはフライドチキンとローストチキンどちらをいうのか
  • いつからクリスマスにはチキンを食べることになったのか

日本のクリスマスは家族や恋人、友達との楽しいイベントですが、確かにクリスマスチキンはどの日に食べるのか悩みますよね。

そこで、クリスマスチキンはどの日に食べるのが正しいのかについて調べてみました。

  • クリスマスチキンは国や宗教によって食べるタイミングが違い、キリスト教文化の国では12月25日が一般的で、日本では24日が多い。
  • 日本では、1970年代のケンタッキーフライドチキンのキャンペーンでクリスマスチキンが広がった。
  • フライドチキンとローストチキンどちらもクリスマスチキンで、国や文化によって変わる。
  • チキンはふるさと納税の返礼品にもなっている

本文で、クリスマスチキンはいつ食べるのが正しいか、24日のイブで大丈夫かについてさらに詳しくご紹介します。

クリスマスチキンはいつ食べるもの?

クリスマスチキンは、日本でクリスマスの定番料理として親しまれていますが、いつ食べるのが正しいかは国や地域、宗教、文化によって変わってきます。

キリスト教文化の国々では、クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う日で、チキンを食べるのはキリストの誕生日である12月25日の日没から翌日までが一般的です。

一方で、日本ではクリスマスは宗教的な意味合いが薄く、恋人や家族と過ごすイベントとして考えられています。

12月24日の夜にクリスマスチキンを食卓にだして楽しんでいる人が多いと思いますが、平日にクリスマスがある場合は、前後の土日にパーティをすることもありますよね。

なので、クリスマスチキンを楽しむ正確な日や時間は一概には決まっていないのが事実です。

国や文化によっても変わるので、日にちにこだわらずに自分や周りの人と楽しい時間を過ごすことが一番大切♪

クリスマスチキンとはフライドチキンかローストチキンどっちのこと?

フライドチキンとローストチキンはどちらもクリスマスチキン

ですが、国や地域、文化によって、クリスマスチキンに対するイメージは変わります。

日本では、クリスマスはケンタッキーのフライドチキンをイメージする人が多いですが、欧米はクリスマスチキンといえばローストチキンが主流です。

そのため日本では、クリスマスに食べるチキンといえばフライドチキンのことをさす人の方が多いですね。

けれど欧米はチキンではなく、七面鳥をローストして食べるのがクリスマスの習慣です。

それは昔、移民が食糧難の時に先住民のインディアンたちが、七面鳥をはじめとする食べ物を分けてくれたことで飢えをしのぐことができたことから始まりました。

それからこの事に感謝し、焼いた七面鳥を楽しむことが主流になり、そこからクリスマスに食べる習慣になっていったそうです。

しかし、日本では七面鳥が手に入りにくいですよね。なので、その代わりにチキンを焼いて食べるようになっています。

つまり、クリスマスチキンとはフライドチキンかローストチキンどちらのことかはっきりとしたことは言えないので、お友達や家族、自分の好みでどちらか好きなのを食べてOKです。

日本でクリスマスにチキンを食べるのが定着したのはいつから?

クリスマスにチキンを食べるのが日本で定着したのは、1970年代から1980年代にかけてと言われています。

なぜなら、1970年にアメリカから上陸したケンタッキーフライドチキンが、「クリスマスにはケンタッキー」というキャンペーンを展開し、フライドチキンを広めたからです。

この宣伝効果によって、日本でフライドチキンが人気になり、クリスマスにチキンを食べるようになりました。

なので、日本でクリスマスにチキンを食べて楽しむようになったのは、欧米のクリスマス文化の影響と、ケンタッキーフライドチキンの宣伝活動によってということです。

1970年代から1980年代にかけての習慣が浸透し、今ではクリスマスチキンはクリスマスの食卓にはなくてはならない存在となっていますよね。

ふるさと納税でもチキンが返礼品になっているところがあるほどです。

クリスマスチキンはいつ食べるのかまとめ

この記事では、クリスマスチキンはいつ食べるのが正しいかについてまとめました。

  • クリスマスチキンは国や宗教によって食べるタイミングが異なり、キリスト教文化の国々では12月25日が一般的。
  • 日本では12月24日の夜がクリスマスチキンを楽しむ人が多く、ケンタッキーフライドチキンが代表的な存在。
  • クリスマスチキンはフライドチキンとローストチキンどちらのことも指していて、国や文化によって好みやイメージが異なる。

日本では宗教的な意味は薄く、イベントとして楽しまれているクリスマス。

どの日にどんなチキンを食べるかよりも、一緒に過ごす人達の都合が合う日に好きなクリスマスチキンを食べることを大切にして、楽しいクリスマスを過ごしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました