フライパン24cmと26cmどっちがおすすめ?使い勝手や便利さを比較!

フライパン24cmと26cmどっちがおすすめ?使い勝手や便利さを比較! キッチン関連

フライパンは24cmと26cmどっちがおすすめなのかをご紹介します。

24cmと26cmそれぞれの使い勝手や便利さを比較していきます。

  • 24cmと26cmのどっちがおすすめなんだろう
  • 24cmと26cmそれぞれで使い勝手に違いはあるのかな
  • 自分にあったフライパンのサイズはどっちなんだろう
  • 家族の人数によって使い分けた方がいい?

24cnと26cmではサイズで言うと2cmの差です。この違いで使い勝手が変わってくるのか気になりますよね。

フライパンを多く持っていると収納を考える必要が出てきますし、買っても使わないともったいないので、自分にあったフライパンを持っておけばいいものです。

そこで、フライパン24cmと26cmどっちがおすすめかについて調べてみました。

フライパンサイズ別でおすすめの人
  • 24cmフライパンは、2人暮らしの方、手軽な料理を定期的に作りたい方、朝食がシンプル料理の方、日常的に使うフライパンを探している方
  • 26cmフライパンは、3~4人家族で日々の料理に使いたい方、一人暮らしで週末にまとめて料理を作る方

人数やメニューによってフライパンのサイズを使い分けるといいのですが、それぞれのメリットデメリットがあるのも事実です。

本文で、フライパン24cmと26cmどっちがどういった方におすすめなのかを、使い勝手や便利さと特徴から詳しくご紹介します。

24cmと26cmフライパンの違いは?メリットデメリット

一般的に販売されているフライパンは、24cmまたは26cmが多く出回っています。

それぞれ、用途によってメリットとデメリットが出てきますので紹介していきます。

24cmフライパンのメリットデメリット

24cmのフライパンは、一人暮らしや二人暮らしの方にはぴったりなサイズです。

また、目玉焼きやウィンナーなどのシンプルな料理を作るのに最適です。しかも、軽くて持ち運びがラクなのがいいですね。

これらがメリットと言えます。

デメリットを考えるなら、大勢の友達を招いたり、たくさんの料理を一度に作る際には、24cmだとフライパンの底が少し狭いかもしれません。

それは、食材が重なると、均等に調理するのが難しくなることがあるからです。

  • メリットは、個人使いや夫婦・カップル向けにはピッタリのサイズ
  • デメリットは、大人数の食事や大がかりな料理には不向き

26cmフライパンのメリットデメリット

26cmのフライパンは、3~4人家族におすすめのサイズです。

このサイズのフライパンは、野菜炒めやハンバーグなどのメイン料理を作るのに最適です。

底面積が広いため、食材を均一に加熱できるのもメリットです。

しかし、一方で26cmのフライパンになると、やや重たいのがデメリットです。

そのため、持ち上げたり振り回すのには少し力が必要かもしれません。

特に調理中に何度もフライパンを動かす場合は、その点に注意が必要です。

  • メリットは、3~4人家族など中規模の家庭に最適
  • デメリットは、やや重たいため、複数回フライパンの移動をする場合の負担が大きい

フライパンは24cmか26cmどっちがおすすめ?

フライパンサイズも、作る料理や量によって選ぶといいです。

24cm26cmそれぞれの特徴を生かして、おすすめの人をご紹介します。

24cmフライパンがおすすめの人

  • 一人暮らしの学生や独身の方
  • 二人で料理を楽しむカップルや夫婦
  • 朝食をシンプルに済ませる人
  • 料理初心者の方
  • キャンプやアウトドア愛好者

24cmのフライパンは、コンパクトサイズであるため収納するときも大きな場所をとりません

同様に持ち運びにも便利です。

このことから、アウトドアにも最適なことが分かります。

実は、24cmフライパンでは深型が楽天市場で人気です。

これは、2人暮らしの夕食1食分に適したサイズの24cmで深型だと食材がこぼれにくいので調理がしやすいことが理由になっています。

26cmフライパンがおすすめの人

  • 3人家族や4人家族の主婦・主夫
  • 家族全員の朝食を一度に作る人
  • メイン料理を多彩に楽しむことが好きな人
  • パーティーや集まりで料理を提供することが多い人
  • 大きな食材を調理する料理好きの人

なんといっても、26cmフライパンだと底面が広くなることから加熱ムラが防げて1品を一度で作ることができます。

一度の食事で何品も作っている方にとっては、手間も省けるので26cmフライパンがおすすめです。

ただし、サイズが大きくなるとフライパンそのものの重さも出てきてしまいます。

その場合は、軽量の26cmフライパンを選ぶといいです。

フライパンサイズを選ぶコツは料理に合わせること

フライパンのサイズについて紹介してきましたが、サイズ選びのコツは何を頻繁に作るかです。

例えば、料理初心者の方が急に凝った調理をするのはハードルが高すぎます。

目玉焼きなど簡単な料理が中心だったり、一人暮らしで作る頻度が少ないなら26cmよりは24cmで充分と感じます。

料理を作ることに慣れていたり、3人以上の料理を作ることが多い場合は24cmでは物足りないので26cmを一つは持っておくと便利です。

フライパン24cmと26cmおすすめについてまとめ

フライパン24cmと26cmのどっちがおすすめかを、使い勝手や便利さを比較してまとめてきました。

おすすめの人
  • 24cmフライパンは、コンパクトサイズで日常的な調理に使いたい一人もしくは二人暮らしの方に向いているサイズ
  • 24cmフライパンは深型が使い勝手が良いと評判で人気
  • 26cmフライパンは、炒め物から揚げ物まで幅広い調理に使える一方で重量が重くなることもある
  • 軽量タイプの26cmフライパンなら、3~4人暮らしには使い心地良くなる

フライパンのサイズは、使用頻度やメニューによって決めるのがポイントです。

自分のあったフライパンを使うことで、料理が快適になること間違いなし!料理の幅も広がりやすくなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました