毛玉はどこまで許せる?服の見た目と品質を守るために知っておきたいこと

ファッション

この記事では、毛玉ができてしまった服はどこまで許せるのか、についてご紹介します。

大切な服に毛玉ができてしまったとき、毛玉ができてもそのまま着る派ですか?それとも一度できたら処分する派ですか?

毛玉ができてしまった服についてこんなお悩みありませんか?

  • 毛玉はどこまで許されるのか
  • 毛玉がみっともないと思われる場面とは
  • 毛玉が不潔に見える原因と対策とは
  • 洋服を大切にしたいけれど毛玉をとるのが正直面倒臭い…

確かに大切な服に毛玉ができてしまったら、着ていいのか、処分するのかわからなくなりますよね。

そこで、毛玉ができてしまった服はどこまで許されるのかについて調べてみました。

  • 毛玉が許される範囲は、見た目はもちろん着心地が悪くなる前まで。
  • 毛玉がみっともないと思われるのは大切な人に会うときや、ビジネスシーン。
  • 毛玉が不潔に見えてしまうのは、見た目の印象と、ほこりなどが蓄積しているため。
  • 対策としては、毛玉取り器を活用もしくはクリーニング店を利用する。

本文では、毛玉ができてしまったらどこまでが許されるのか、不潔に思われないようにするには、その対策についてさらに詳しくご紹介します。

毛玉はどこまで許せるのか?

毛玉ができてしまうのはしかたがないですが、毛玉ができてしまった服がどこまで許されるかは、状態や個人の好み、感覚によって違ってきます。

毛玉ができてしまっても気にせず着続ける方、少しでも毛玉ができてしまったら処分してしまう方、様々いらっしゃいます。

しかし、一般的には下記のような基準で決められていますよ。

  • 毛玉が目立って見栄えが悪くなるまで
  • 毛玉ができた部分に穴が開いたりほつれたりするまで
  • 毛玉を取り除いたら着られるとき

毛玉が目立たず、毛玉部分に穴など開いてなかったら、知り合いに会うときも着て行けますよね。

また毛玉取り器などで毛玉を取り除いてきれいになれば、まだまだ着られます。

アクリルやポリエステルなどの化学繊維を使った服は、摩擦や静電気によって毛玉が発生しやすく、毛玉がとれにくくもあるので気を付けてください。

見た目はもちろん、着心地が悪くなるまでは着るというのが一般的な考え方になっています。

自分なりの基準を持っておくと良いですね

毛玉がみっともないと思われる場面とは?

毛玉がみっともないと思われてしまうのは、特に下記のような場面です。

  • 外出やイベントのとき
  • ビジネスやフォーマルな場面
  • デートや大切な人と会うとき
  • 記念撮影のとき

外出するときは、多くの人と接する場面があるので身だしなみは整えるのが一般的です。

清潔感が損なわれると、印象も悪くなってしまいますよね。

ビジネス、フォーマルの時には、服装が見た目の印象に大きく影響するので、毛玉だらけの服を着ていては好意的に思ってもらえません。

デートの時も同じように、相手に対していい印象を与えることが大切ですが、毛玉があまりに多い服では不潔感を与えていまいます。

記念撮影は、長く残るものなので服装は気を付けたいですよね。

イベントや、大切な人と会うとき、ビジネスシーンでは、やはり毛玉はみっともなく映ってしまいます。

毛玉が不潔に見える原因と対策

毛玉が多いと不潔に見えてしまうこともあります。

その原因と対策をお伝えします。

毛玉が不潔に見える原因

そもそも毛玉はなぜ不潔に見えてしまうのか、以下の理由があります。

  • 見た目の印象がよくない
  • 汚れやホコリが蓄積している
  • 服だけでなく着ている人も清潔感がないように見える

毛玉がある服は表面が乱れているので、見た目の印象はよくなく、不潔に見えます。

また、実際に毛玉にはホコリや汚れが付着しやすいので、これが蓄積すると服が不潔に見えるだけでなく、健康面からも不潔に感じられてしまいます。

毛玉の多い服装は、着ている人自身も不潔に見えてしまいますので気を付けたいですね。

不潔に見えなくするための対策とは?

毛玉ができてしまうのは仕方がないことですが、何もしないのはよくありません。

毛玉ができ始めたときにすぐに対応できるのは、やっぱり毛玉取り器です。

毛玉取り器といっても、色々な種類のものが購入できますのでいくつか紹介しますね。

充電式

毛玉取り器の中でも人気があるのは、充電式の毛玉取り器です。

その中でも人気なのが、6枚刃カッターの毛玉取り器です。口コミにも、6枚刃できれいに毛玉がとれたと喜びの評価を見つけました。

ハンガーにかけたままでも着用中でも使えるのも便利です。

もちろん、ソファーやぬいぐるみなどの毛玉ができやすいものにも使うことが可能です。

ブラシタイプ

電気を使わないものであればブラシタイプがあります。手動タイプなので音がありませんし、天然素材のものにも使用できるのがメリットです。

生地にやさしくブラッシングするだけで毛玉を取れるので、毛並みが乱れたりする心配がありません。

繊維の毛並みを整えておくことで、新たな毛玉ができるのを防止する効果があるので着用後にブラッシングするために持っておくのもいいと感じます。

クリーニング店で毛玉取りは依頼出来る場合がある

毛玉ができてしまった洋服を、毛玉取り機器を使って取ることをご紹介してきました。しかし、この毛玉を取るという作業を面倒に感じてしまうことがありませんか?

時間がないと後回しにしてしまうこともあるかも⁈

そういった場合は、クリーニング店の毛玉取りオプションサービスを利用することも考えてみてください。

自分で毛玉を取ると、時間がかかったり力を入れすぎて洋服を傷つけたりするリスクがあります。

その反面、クリーニング店なら洋服の繊維の知識も豊富に持っている手入れのプロが、毛玉を丁寧に取ってくれます。

オプションサービスなので、取り扱っていないこともありますし取り扱っていても有料の場合があります。そのため、いつも利用しているクリーニング店に確認してみてくださいね。

また、毛玉取りサービスは、ネットからも依頼ができます。

クリーニングモンスターは、24時間受付ていてご希望の日時に引き取りにきてくれます。

毛玉取りは無料のサービスになっているので、お気に入りの洋服に毛玉が出来てきたけれど綺麗にとる自信がないなら利用してみる価値はあると思います。

毛玉は、放っておくとどんどん増えてしまいます。早めに対処することも長持ちの秘訣でもありますよ。

毛玉はどこまで許せるかのまとめ

この記事では、毛玉ができてしまった服はどこまで許されるかについてまとめました。

  • 毛玉が目立って見栄えや着心地が悪くなったり、毛玉を取り除いてきれいになれば着ても許される。
  • イベントなどへの外出、ビジネスやフォーマルな場面、デートや大切な人と会う場面、記念撮影など清潔感が求められる場面では、毛玉が不潔に見える可能性が高まる。
  • 毛玉が不潔に見える主な原因は、見た目の乱れ、毛玉に汚れやホコリが含まれていることが考えられる。
  • 対策として、毛玉取り器がありますが、毛玉取り器にも色々な種類があるので、使用素材、用途に合わせて使い分けることが大切。

毛玉はできてしまったら仕方がないですが、素材を選ぶことであったり、ケアをすることで長く着ることもできます。

毛玉取り器やクリーニングのサービスも活用しながら、清潔を保って快適に過ごしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました