毛玉だらけの服を捨てるタイミングは?基準を知っておしゃれに断捨離する方法

ファッション

この記事では、毛玉だらけの服を捨てるタイミングについてご紹介します。

いつも着ている服に毛玉がたくさんできてしまったとき、こんなお悩みはありませんか?

  • 毛玉ができてしまった服を捨てるタイミングっていつ?
  • 毛玉ができないようにするにはどうしたらいいの?
  • 毛玉ができてしまった服は部屋着にしてもいいの?

毛玉ができてしまったとき、ケアしても繰り返し毛玉ができてしまったときなど、いつ捨てたらいいのか悩みますよね。

そこで、毛玉だらけの服はいつ捨てたらいいのか、について調べてみました。

  • 毛玉だらけの服を捨てるタイミングには基準がある
  • 毛玉を予防するコツは、日常生活のちょっとした行動からできる
  • 毛玉だらけの洋服は部屋着にするのは衛生面を考えて避けるのが無難

本文では、毛玉だらけの服をすてるタイミングや毛玉を予防するコツについて詳しくご紹介していきます。

毛玉の服の捨てるタイミングと見極め方

毛玉だらけの服を捨てるタイミングは人によって違ってきますが、一般的には以下のような基準があります。

  • 毛玉が目立って見栄えが悪くなったとき
  • 毛玉を取り除いてもくりかえしできるとき
  • 毛玉ができた部分が穴やほつれにつながったとき

毛玉ができるのは仕方ないことですが、毛玉が多くなると服の素材や色が分からなくなったり、清潔感がなくなったりしますよね。

その服を着て人に会いたくないなあと思ったら、まず捨てるタイミングと言えます。

また、毛玉ができてしまったら、専用の毛玉取りやブラシなどで取り除く方も多いですよね。

取り除いてもまたすぐに毛玉ができてしまうときは、服の繊維が弱っていて服の寿命が近いと考えられるので、この場合も捨てるタイミングです。

毛玉ができてしまった部分が引っ張られたりすると、穴が空いたり、ほつれてしまうこともあります。

こんな場合も服が崩れてしまうので処分することを考えてくださいね。

一般的な基準を知っておくことで、適切な時期に服を断捨離することができますね。

毛玉を予防するコツとは?

毛玉を予防するコツとして、実用的なコツは3つあります。

  • 着た後には必ずケアをする
  • 毛玉ができにくい素材の選択する
  • 毛玉レス加工のアイテムの活用する

着た後には必ずケアをする

毛玉ができてしまう原因の一つとして、着た後のケア不足があります。

毛玉ができやすい素材の場合は、続けて着ることは避けて、着た後は必ずブラッシングして毛並みを整えてあげることが大切です。

毛玉が目立つ部分は、特に注意してこまめにケアをしてあげることで毛玉予防につながります。

毛玉ができにくい素材の選択する

毛玉ができやすい素材として、アクリルやポリエステルなどが挙げられます。

アクリルやポリエステルの素材は、繊維が絡み合ってしまうので毛玉が発生しやすいのです。

アルパカやモヘアのような動物由来の素材は繊維が長く絡まりにくいので、毛玉の発生が抑えらたり植物由来の素材のコットンやシルクも繊維が滑らかで、毛玉ができにくいとされています。

毛玉ができにくい素材を選ぶことも大切ですね。

毛玉レス加工のアイテムの活用する

毛玉レスとして知られる特殊加工されたニットやカーディガンを選ぶのもおすすめです。

毛玉レスとして特殊加工された商品は、毛玉になりにくい素材を使用したり編み方を工夫しています。

そのため、毛玉が出来にくい状態になっているので、着回しも自由自在にできます。

異なる素材の組み合わせに注意する

異なる素材の衣類を重ね着するときにもぜひ注意してみてください。

特に、ウールとポリエステルなど異なる素材の組み合わせは、摩擦が増える可能性があるので、毛玉ができやすくなります。

できるだけ同じ素材の服を重ねて着ると、毛玉も予防できますよ。

適切な洗濯方法

洗濯をするときは、衣類は裏返して、洗濯ネットに入れてから洗濯することが大切です。

裏返して洗濯することで、他の衣類等との擦れや摩擦を抑えることができることからけば立ったり絡まったりすることを抑えられるからです。

柔軟剤や中性洗剤も使用することで、静電気や摩擦を抑えてくれるので、毛玉予防につながりますよ。

部屋着にするのはNG!毛玉の服の影響

毛玉がついた服は外には着ていけないけど、部屋着にしようかなと考えてしまうこともありますよね。

でも、毛玉がついた服は、見た目や着心地が悪くなるだけでなくて、衛生面でも問題があるんです。

実は毛玉はホコリやダニなどの汚れを含んでいるので、アレルギーや皮膚炎などの原因になる可能性があるんですよ 。

部屋着として着るときも、清潔で快適な服を選んですごしてくださいね。

もし、毛玉がついた服がもったいなくて捨てられないのなら、再利用することもできちゃいます。

マフラーや帽子、バッグなどの小物を作ったり、毛玉ができてしまった服を細かく切って、布団やクッションの中に入れることで、ふかふかにする方法もあります。

毛玉だらけの服を捨てるタイミングまとめ

この記事では、毛玉だらけの服を捨てるタイミングと毛玉を予防するコツ、毛玉の服の影響についてまとめました。

  • 毛玉が目立って見栄えが悪くなり、取り除いてもすぐにできる場合や穴やほつれができた場合は、服の寿命が迫っているサイン。
  • 毛玉予防のコツは、素材や取り扱いに気を付けることや、特に毛玉ができにくい素材の選択や異素材の組み合わせに注意が必要。
  • 洗濯するときには、裏返しや洗濯ネットの利用、柔軟剤や中性洗剤の使用が毛玉予防には効果的。
  • 毛玉ができた服は部屋着にせず、清潔で快適な服を選ぶことがおすすめ。

毛玉ができてしまった衣類は、いいタイミングで処分することが大切ですね。

また、毛玉ができにく素材を選んだり、洗濯のときなど日々のケアも大切にするとより長くお気に入りの服を楽しめます。

衣替えの季節には、断捨離も含めて見極めていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました