カルパスとサラミは本当に体に悪い?食べるなら知っておきたい3つのポイント

食べ物

カルパスとサラミは、おいしい加工肉ですが、体に悪いというイメージがあります。

しかし、本当にカルパスとサラミは体に悪いのでしょうか?

また、カルパスとサラミの違いや食べ方のコツは何でしょうか?

この記事では、カルパスとサラミについて以下のことが分かります。

  • カルパスとサラミが体に悪いと言われる主な理由は、塩分や脂肪や添加物が多く含まれていることです。
  • カルパスとサラミの違いは、原材料や製法、保存方法などにあります。栄養価やカロリーも異なります。
  • カルパスとサラミを食べるなら、食べる量や時間帯や食べ合わせに気をつけたほうがいいです。

この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • カルパスとサラミの栄養成分や効能を正しく理解できるようになります。
  • カルパスとサラミを食べる際の注意点やコツを知ることで、健康に配慮した食生活ができるようになります。
  • カルパスとサラミを使ったおすすめのレシピを試すことで、美味しくて楽しい食卓が作れるようになります。

カルパスとサラミは、適量でバランスよく食べれば、高たんぱく質で低カロリーな食品として利用できます。

ぜひ、この記事を読んで、カルパスやサラミを上手に食べてみてください。

カルパスとサラミの体に悪いと言われる理由

カルパスとサラミを食べると体に悪いというイメージを持っている人がいます。

おつまみやサラダでお手軽に食べられるカルパスやサラミが、体に悪いと言われる主な理由は以下の3つです。

  • 塩分が多い
  • 脂肪が多い
  • 添加物が多い

塩分が多い

カルパスやサラミは100gあたりに2〜3gの塩分が含まれています。

一日に摂取する塩分の目安は6g以下となっているので、カルパスやサラミを少量でも食べると、一日の塩分摂取量の半分以上を消費してしまうことになるということです。

塩分は、味や保存性を高めるために加えられますが、過剰に摂取すると高血圧や腎臓病などのリスクが高まってしまいます。

つまり、カルパスやサラミには塩分が多く含まれていることで、体に悪いと言われてしまう原因の一つです。

脂肪が多い

カルパスやサラミは100gあたりに20〜30gの脂肪が含まれています。

一日に摂取する脂肪の目安は60g以下で、塩分同様に少量でも食べれば一日の脂肪摂取量の半分以上を消費してしまうことになります。

脂肪が多く含まれていることも、体に悪いと言われる原因です。

脂肪は、エネルギー源や細胞膜の材料として必要です。しかし、過剰に摂取すると肥満や動脈硬化などのリスクが高まってしまいます。

そのため、1品で半分以上の脂肪摂取量になることから避けた方が体のためとも言えます。

添加物が多い

カルパスやサラミは、着色料や香料や防腐剤などの添加物が多く使われています。

添加物は、色や香りや味を良くしたり、品質や保存性を向上させたりするために加えられますが、過剰に摂取するとアレルギーや発がん性などのリスクが高まります。

また、自然なものではなく、人工的に作られたもののため、体に負担をかける可能性があります。

カルパスやサラミには体に悪いとされるものは含まれている一方で、良い点もありますよ。

カルパスとサラミの違い比較

カルパスとサラミは、どちらも加工肉ですが、実は原材料や製法、保存方法などに違いがあります。

また、栄養価やカロリーも異なります。

原材料として、カルパスは主に豚肉や牛肉などの赤身肉ですが、サラミは主に豚肉や牛肉などの赤身肉に、豚皮や脂身などの副産物を混ぜています。

製造方法も違います。

カルパスは赤身肉を塩漬けにして乾燥させたものですが、サラミは赤身肉と副産物を細かく刻んで塩や香辛料などで味付けし、腸詰めにして発酵させたものです。

これらによって保存方法にも注意してくださいね。

カルパスは乾燥させてあるため常温でも保存可能ですが、サラミは発酵させてあるため冷蔵庫で保存する必要があります。

次に、栄養価やカロリーも比較していきます。見やすいように表で説明しますね。

カルパスサラミ
エネルギー250kcal400kcal
タンパク質40g20g
脂質10g35g
炭水化物0g5g
塩分3g2g

表から分かるように、カルパスはサラミよりもエネルギーやたんぱく質が多く、脂質や炭水化物が少ないです。

塩分はカルパスの方が多いですが、それほど大きな差ではありません。つまり、カルパスはサラミよりも低カロリーで高たんぱく質な食品であると言えます。

しかし、これはあくまで一般的な数値であり、製品によって異なる場合もあります。

必ず栄養成分表示を確認して、自分に合った量や種類を選ぶようにしてくださいね。

カルパスとサラミを食べるなら知っておきたいポイント3つ

カルパスやサラミを食べるときに知っておくといいことは以下の3つです。

  • 食べる量を控える
  • 食べる時間帯を選ぶ
  • 食べ合わせを工夫する

食べる量を控える

カルパスやサラミは、塩分や脂肪や添加物が多く含まれているため、食べ過ぎると体に負担をかけます。

一日に食べる量は、カルパスやサラミの茎の部分で1本分程度を目安にしてください。

また、他の食品とのバランスも考えて、野菜や果物などのビタミンや食物繊維が豊富なものも一緒に摂ることを心がけることが必要です。

食べる時間帯を選ぶ

カルパスやサラミは、エネルギーが高いため食べる時間帯によっては太りやすくなります。

例えば、消化や代謝が低下する夜間に食べると、脂肪として蓄積されやすくなるということです。

そのため、カルパスやサラミは昼間に食べることをおすすめします。

また、運動する前に食べると、エネルギーとして消費されやすくなりますよ。

食べ合わせを工夫する

カルパスやサラミは、塩分が多いため血圧が上昇する可能性があります。

そのため、カルパスやサラミと一緒に食べるものには注意が必要です。

カリウムが多いものやビタミンCが多いものは積極的に摂ることをおすすめします。

カリウムは塩分の排出を促進し血圧を下げる効果がありますし、ビタミンCは抗酸化作用があり動脈硬化を予防する効果があるからです。

もちろん、塩分の多いものを一緒に食べることは控えてくださいね

以上が、カルパスやサラミを食べる際のコツや注意点です。

これらを意識することで、カルパスやサラミを罪悪感なく美味しくて健康的に楽しむことができます。

カルパスとサラミについてまとめ

この記事では、カルパスとサラミについて以下の3つのポイントについて解説しています。

  • カルパスとサラミが体に悪いと言われる理由は、塩分や脂肪や添加物が多く含まれていることです。
  • カルパスとサラミの違いは、原材料や製法、保存方法などにあります。栄養価やカロリーも異なります。
  • カルパスとサラミを食べるなら、食べる量や時間帯や食べ合わせに気をつけてください。

カルパスとサラミは、おいしい加工肉ですが、食べ過ぎると体に悪い影響を与える可能性があります。

しかし、適量でバランスよく食べれば、高たんぱく質で低カロリーな食品として楽しむことができますよ。

タイトルとURLをコピーしました