リュッカとティファールのフライパンを比較!重さの違いやどっちが長持ちするか

リュッカとティファールのフライパンを比較!重さの違いやどっちが長持ちするか キッチン関連

リュッカとティファールのフライパンの違いをご紹介します。

リュッカとティファールのフライパンの違いは、5つだけです。

  • 耐久性の違い
  • 重さの違い
  • 蓋の違い
  • 適温お知らせマークの有無
  • 価格の違い

機能面から考えると、全体的にティファールの方が優れています。

同時に、価格も上なのはティファールです。

どっちがいいのかというと、

  • 価格重視の方はリュッカ
  • 機能面でこだわりたい方はティファール

どのように違うのかを詳しくご紹介しますね。

リュッカとティファール違いを比較

リュッカとティファールで、フライパンにどのような違いがあるのか比較しました。

リュッカとティファールの違いを比較してみたら主な違いは4つだけでした。

  • 耐久性
  • 重さ
  • 適温お知らせマーク
  • 価格

詳しいそれぞれの違いを、分かりやすく比較表でもご紹介します。

違いリュッカティファール
耐久性フッ素樹脂ファインダイヤモンドコート新コーティング技術によって摩擦耐久性を極限まで強化
重さ約590g約1159g
つまみ部分変化しないつまみが平らになる
適温お知らせマーク無し有り
価格(2023年10月時点)8,258円12,600円

耐久性はティファールの方があり

耐久性はティファールの方があります!

ティファールの取っ手のとれるフライパンは、耐久性に力をいれています。

ハードクリスタル層を用いた新コーティング技術によって摩擦耐久性を極限まで強化することに成功しています。

そのため、金属へら等によるダメージに対する耐久性が飛躍的に向上しているのです!

これは、ティファール史上初めてのことなんですよ

リュッカのフライパンに関しては、内面にはダイキン工業製のフッ素樹脂ファインダイヤモンドコートが施されています。

そのため、耐久性はティファールよりは劣りますが全くないわけではありませんので使い心地は良さそうです♪

重さはリュッカの方が軽い

リュッカフライパン26cmとティファールフライパン26cmの比較において、重さに違いがあります。

  • リュッカフライパン26cm 約590g
  • ティファールフライパン26cm 約1159g

ティファールは、リュッカの約倍の重さになります。

調理の利便性や取り扱いのしやすさから考えると、約590gと軽いリュッカがおすすめです。

ティファール蓋の方が収納しやすい

ティファール、リュッカどちらも取っ手をつけたまま蓋ができます。

そのため、調理中の不便はなさそうですね。

いちいち取っ手を外さなくてもいいのは楽ですね

一方で、収納を考えるとティファールの方が良さそうです。

ティファールの蓋はつまみが平らになるので、収納時にあまり場所を取りません。

ティファールは適温お知らせマークが付いている

ティファールのフライパンには、適温になるとマークが消えて知らせてくれる機能があります。

リュッカには適温お知らせマークはありません。

最適な状態から調理を始めたい方にとっては、適温お知らせマークは重宝する機能の一つと言えます♪

価格の違い

リュッカとティファールそれぞれ「取っ手のとれるフライパン9点セット(IH、ガスOK)」の価格を比較したところ

  • リュッカ 8,258円
  • ティファール 12,600円

と4,342円の差がありました。(2023年10月時点)

同じ取っ手のとれるフライパンと考えると、5,000円弱の差は大きく感じてしまいます。

ただ、ティファールは、耐久性が優れていたりお知らせマークが付いていたりするので、価格が上がってしまうのも仕方ないのかもしれません。

優れた機能は開発費がかかっているからどうしても上がってしまうのでしょうね

価格は変動しますので、現時点の各メーカーの価格は下記サイトからチェックしてください。

リュッカとティファールのフライパンの共通点

リュッカとティファールのフライパンの共通点を紹介します。

  • 同時調理がスムーズ
  • 出来立ての状態でテーブルに出せる
  • オーブン調理可能
  • 蓋がガラス窓付き
  • そのまま収納可能
  • 本体は食洗機可能

詳しくご紹介しますね。

同時調理がスムーズ

取っ手が外せるので、複数のフライパンを使って調理するときは取っ手が邪魔になります。

その点、取っ手が外せるリュッカやティファールのフライパンはコンロの上がスッキリしますよ。

取っ手同士が邪魔し合うのは、案外ストレスだったりします。

この小さなストレスが減るだけでも、調理中の快適空間が増しますね!

出来立ての状態でテーブルに出せる

オーブン料理やアツアツで食べたい物は、完成したらそのままテーブルに出せます。

取っ手が外れるのでテーブルの上でも邪魔にならず、洗い物も減らせますよ。

オーブン調理可能

先ほども書きましたが、本体のみならリュッカもティファールもオーブン料理ができます。

グラタンをオーブンで調理すればそのまま出せるので、グラタン皿もいらなくなるかもしれないですね!

蓋がガラス窓付き

蓋がガラス窓付きなので調理中の様子が見れます。

蓋を開け閉めする必要がなくなれば蓋をしてじっくりと煮詰めれるので、うまみを逃がさず調理出来ますよ。

そのまま収納可能

取っ手を外してフライパンや鍋を重ねられるので、省スペースでスッキリ収納できます。

本体は食洗機可能

リュッカもティファールも食洗機可能です。

シンクで洗うとき、案外場所を取って洗いにくかったりします。

食洗機で洗えれば、調理後の後片付けも憂鬱にならずに済みますよ。

フライパンは冷ましてから洗うことでコーティング部分が長持ちします

リュッカフライパンがおすすめの人

リュッカフライパンがおすすめな人は、

  • 値段を抑えたい人
  • 鮮やかな色のフライパンを使いたい人
  • 少量の油で調理したい人

リュッカのフライパンは、使いやすさも重視したいけど、値段も抑えたい人におすすめです。

内面がファインダイヤモンドコートを施してあるので、少量の油で調理できますよ。

また、ターコイズブルーのように他のメーカーには無い鮮やかなカラーが好みの人にはリュッカはおすすめです。

リュッカのフライパンをテーブルに出しただけで、一気にテーブルの上が明るく華やかに彩られますね☆

ティファールフライパンがおすすめの人

ティファールフライパンがおすすめな人は、

  • しっかりとした耐久性が欲しい人
  • 適温お知らせマーク機能が欲しい人
  • つまみが平らな蓋がいい人
  • 贈り物にしたい人

ティファールのフライパンは、機能面が優れています。

そのため、しっかりと長く使えて料理のしやすさや収納のしやすさを求めている人には、ティファールのフライパンがおすすめです。

蓋も案外場所を取るので、つまみが平らなだけでかさばらずにすみますね。

リュッカフライパンとティファールフライパンの違いまとめ

リュッカとティファールのフライパンの違いを比較したところ、4つありました。

  • 耐久性
  • 重さ
  • お知らせマークの有無
  • 価格

耐久性はティファールの方がしっかりしています。

蓋はどちらもガラス窓付きですが、ティファールの方はつまみが平らになるので収納にはよりコンパクトになります。

また、適温お知らせマークが付いているのはティファールのみ!

機能的にはティファールの方がいいですが、価格面から考えるとリュッカの方がお手頃でした。

リュッカもコーティングが施されていて耐久性はありますので、価格を抑えたいのなら迷わずリュッカに決まりです☆

タイトルとURLをコピーしました