NIS300AとNIS500Aの違いは?価格や発売日と機能を比較

ヘアケア関連

ヘアスタイリングに革命をもたらすテスコムのNIS300AとNIS500A、これらの違いを比較しました。

ライフスタイルに合ったアイロン選びの参考になるよう、両モデルの違いや特徴を明確にしていきます。

NIS300AとNIS500Aの主な違いは以下です。

  • NIS300Aはプレート幅が狭く、細かいスタイリングに適している
  • NIS500Aは温度範囲が広く、プロテクトイオン機能を搭載

これらの違いから、それぞれおすすめの人をお伝えすると

  • NIS300Aは、短髪の方や細かいスタイリングを好む方
  • NIS500Aは、長髪や多毛の方、高いスタイリング性能を求める方

本文で、NISA300AとNIS500Aがどのように違うのかを詳しくご紹介しますね。

NIS300AとNIS500Aの違いを比較

テスコムNIS300AとNIS500Aの違いを比較しました。

主に4つの違いがあります。

  • プレート幅
  • 温度設定
  • プロテクトイオン機能
  • 価格

一つずつ紹介していきます。

プレート幅はNIS300Aの方が狭い

NIS300Aのプレート幅は15mmで、細かいスタイリングや短髪に適しています。

一方、NIS500Aは25mmのプレート幅を持ち、長髪や広範囲のスタイリングに最適です。

温度設定はNIS500Aの方が細かくできる

NIS300Aは100~200℃の温度範囲を持っており、日常的なスタイリングに対応します。

NIS500Aはより広い60~210℃の温度範囲を提供し、より細かい温度調整が可能です。

NIS500Aはプロテクトイオン機能が搭載されている

NIS500Aにはプロテクトイオン機能が搭載されており、髪の静電気を抑えてツヤのある仕上がりを実現します。

IS300Aにはこの機能はありません。

価格はNIS300Aの方がお財布に優しい

NIS300AはNIS500Aに比べて価格が手頃で、コストパフォーマンスに優れています。

NIS500Aは高機能を反映した価格設定となっています。

NIS300AとNIS500A共通点

NIS300AとNIS500Aは、いくつかの共通機能を持っています。

この機能は、より快適に使用できるように設計されています。

  • 3Dフロートプレート
  • 上下プレート個別温度管理
  • 温度ロック&温度メモリー機能
  • アボカドオイルコーティング
  • 自動電源OFF機能
  • 海外使用対応
  • ラク抜きプラグ
  • 回転式電源コード

3Dフロートプレート

髪の流れに沿ってプレートが前後左右に傾くことで、髪に密着しやすくなっています。

そのため、軽い力でスムーズにスタイリングが可能です。

上下プレート個別温度管理

上下のプレートに温度センサーが搭載されています。

そのため、過加熱や加熱不足を防ぎます。

温度ロック&温度メモリー機能

設定温度が5秒後にロックされ、次回使用時には前回の設定温度で自動的に立ち上がる機能が搭載されています。

そのため、毎回立ち上げ時に温度設定をするわずらわしさがなくなり、電源を入れてスムーズに使い始めることができるので、時短にも繋がります。

アボカドオイルコーティング

プレート部分にアボカドオイルがコーティングされているため、スムーズなすべり心地と適度なキャッチ力でスタイリングできます。

自動電源OFF機能

最終操作から約30分後に自動的に電源が切れるようになっています。

そのため、安全性が高まるので万が一電源を切り忘れても安心です。

海外使用対応

AC100-240Vの地域で使用可能で、旅行や出張時にも便利です。

ラク抜きプラグ

レバーを押すだけでコンセントから簡単に抜ける設計です。

回転式電源コード

360度回転する電源コードになていることで、コードがねじれにくくなっています。

テスコムNIS300AとNIS500Aの比較表

NIS300AとNIS500Aそれぞれの違いや共通点を、分かりやすく比較表でもご紹介します。

NIS300ANIS500A
本体寸法
(高さ×幅×奥行)
75mm×239mm×29mm72mm×248mm×32mm
プレート幅15mm25mm
重量(本体コード込み)軽量(約300g)標準(約350g)
温度範囲100~200℃
(10℃刻み・11段階/デジタル表示)
60~210℃
(5℃刻み・31段階/デジタル表示)
プロテクトイオンなしあり
温度ロック&メモリー機能
アボカドオイルコーティング
自動電源OFF機能
海外使用対応
ラク抜きプラグ
回転式電源コード
カラー2色(ブラック・スモーキーグレー)2色(ブラック・スモーキーグレー)
価格手頃やや高め
発売日2023年3月1日2023年3月1日

発売日やカラー展開は、NIS300AもNIS500Aも同じです。

そのため、価格を重視して選ぶならNIS300Aがお得です。

一方で、ヘアアレンジの温度設定を細かく行いたい方はNIS500Aの方が使いやすいです。

NIS300Aがおすすめの人

NIS300Aがおすすめの人の人は以下です。

  • 短髪の方
  • 細かいスタイリングを好む方
  • 手頃な価格で質の良いアイロンを探している方

NIS300Aはその軽量設計と狭いプレート幅で、短髪や細かいスタイリングが必要な方に最適です。

手軽に持ち運びができ、日常的な使用にも適しています。

NIS500Aがおすすめの人

NIS500Aがおすすめの人は以下です。

  • 長髪や多毛の方
  • 高いスタイリング性能を求める方
  • 静電気による髪の広がりを抑えたい方

NIS500Aは幅広い温度設定とプロテクトイオン機能で、長髪や多毛の方に最適なスタイリングができるようになっています。

そのため、高い性能を求める方にはNIS500Aがおすすめです。

NIS300AとNIS500Aの違いまとめ

NIS300AとNIS500Aの違いを比較しまとめました。

主に3つの違いがあります。

  • プレート幅: NIS300Aは15mm、NIS500Aは25mm
  • 温度範囲: NIS300Aは100~200℃、NIS500Aは60~210℃
  • プロテクトイオン: NIS300Aにはなし、NIS500Aにはあり

これらの違いにより、それぞれのおすすめの人も変わってきます。

  • NIS300Aは、短髪の方や細かいスタイリングを好む方
  • NIS500Aは、長髪や多毛の方、高いスタイリング性能を求める方

どちらも時短でスタイリングが始められるように、温度メモリー機能が付いていたり立ち上げ時間が早いです。

そのため、髪の毛の長さや価格を基準に選ぶと、より快適に毎日のスタイリング楽しめてくること間違いなしです♪

タイトルとURLをコピーしました