パドルブラシのホコリを簡単に落とす掃除方法!汚れの取り方や洗い方を紹介

パドルブラシのホコリを簡単に落とす掃除方法についてご紹介します。

汚れの取り方や洗い方をまとめていますのでご覧ください。

パドルブラシを使っていてこんなことに悩むことありませんか?

  • パドルブラシにホコリが溜まりやすい
  • パドルブラシの掃除はどうやってやるのか知りたい
  • そもそもパドルブラシは洗っていいの?
  • パドルブラシはどのくらいの期間使えるのか?寿命が気になる!

パドルブラシが汚れいていると髪の毛も汚れるような気がするので、綺麗な状態を保ちたいですよね。

でも、難しい作業は避けたい!簡単にお手入れしたい!と思のではないでしょうか。

そこで、パドルブラシのホコリを簡単に掃除するお手入れ方法についてまとめました。

  • パドルブラシに溜まった抜け毛は取り除いておく
  • パドルブラシに歯ブラシを使うと細かいホコリも取れやすい
  • 濡らした綿棒を使うことでパドルブラシに付いた皮脂汚れも取り除ける

本文で、パドルブラシのホコリを取り除く掃除方法についてさらに詳しくご紹介します。

パドルブラシを掃除してホコリを無くすお手入れ方法

パドルブラシのホコリを取り除くためには、まずブラシに付着している抜け毛を取り除きます。

髪の毛を取り除くときには自分の手や毛抜きを使って、丁寧に取っていくのが大切です。

髪の毛が取れたら歯ブラシなどで、ホコリなどの汚れを取り除きます

歯ブラシをするときのように優しく根本をゴシゴシして、付着しているホコリを掻き出してください。

歯ブラシを使うことで手では取り切れない、細かなホコリまで掃除出来るのです。

次に残ったホコリや皮脂を完全に取り除くために、濡らした綿棒で土台をお手入れします。

さらにウエットティッシュでパドルブラシのピン一本一本を拭き取って、ホコリを取ります。

軽く濡らしたガーゼやタオルなどでパドルブラシ全体に付着したホコリを取って、お手入れ方法は終了です。

パドルブラシは水洗いできる?正しい洗い方

パドルブラシに付着した抜け毛やホコリをきれいに取り除きたいのなら、水洗いがおすすめです。

パドルブラシの中には水洗いできる種類もあり、簡単なお手入れでは完全には取り除けない皮脂汚れなどもきれいに落としてくれます。

ただ、木製のパドルブラシは持ち手などが濡れてしまうと劣化の原因になるので、なるべくブラシ部分だけを水洗いしてください。

水洗いをするときはまず抜け毛を手や毛抜きで取り、根本部分に溜まっている汚れを綿棒で拭き取ります。

お風呂場で普段使っているシャンプーや食器洗い用の中性洗剤などを手のひらで泡立てて、ブラシ部分に乗せます。

歯ブラシで根本部分を洗ったら、ぬるま湯でしっかりすすぎ洗いをしてください。

シャンプーや中性洗剤が全て落ちたらタオルで水気を拭き取ります。

ブラシ部分を下にして、タオルの上で自然乾燥をさせます。

パドルブラシの寿命

パドルブラシの明確な寿命はありません。

それは、使う頻度やパドルブラシに使われている素材によって寿命が異なるからです。

ほとんどのパドルブラシは、3年から4年で買い替えと言われています。

ただ、湿気が多いお風呂などで使うと劣化が早くなるという説もあり、2年程度で寿命が来ることもあります。

もちろん使い方やお手入れの頻度によっては、それ以上使うことが出来るパドルブラシもあります。

買い替えのタイミングの目安となるのは、ブラシのクッション性が保たれているかどうかです。

パドルブラシの特徴でもあるクッション性が失われると、クッションが徐々に硬くなっていきます。

弾力性がなくなってきて使っている感じがいつもと違うと感じたら、買い替えのタイミングかもしれません。

少しでも寿命を伸ばしたいときには、きちんとお手入れや掃除をすることです。

ホコリや汚れを定期的に取り除いておけば劣化するスピードも遅くなり、長く使い続けられます。

パドルブラシを掃除してホコリを減らすまとめ

この記事では、パドルブラシの掃除をしてホコリを減らす方法についてまとめました。

  • 綿棒や歯ブラシがあると掃除がしやすい
  • パドルブラシが水洗いできるかはチェックする必要有り
  • パドルブラシのクッションがなくなってきたら買い替えのタイミング
  • パドルブラシは定期的な正しいお手入れで寿命がのびる

パドルブラシを清潔に保つことは、ブラシを長く使えるようになるだけでなく、髪の毛そのものを痛めにくくすることにもつながります。

定期的にお手入れをして、綺麗な髪の毛が保てるようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました