サラダチキンはいつ食べるのが効果的?一緒に食べるものは何がいい?

食べ物

サラダチキンはいつ食べると良いのか、食べ合わせや食べ方についてご紹介します。

サラダチキンはいつ食べると良いのか、どんな食べ方があるのかや他の食材との食べ合わせにお悩みはありませんか?

  • サラダチキンはいつ、どのタイミングで食べると良いか
  • サラダチキンだけ食べていると体に悪いのか
  • サラダチキンばかり食べていると太ってしまうのか

確かにどうやってサラダチキンを食べるとダイエットに効果的なのかわかりませんよね。

そこで、サラダチキンを食べるタイミングや食べ方について調べてみました。

  • サラダチキンを食べるタイミングは、朝・夜・筋トレ前後の3パターン
  • サラダチキンと一緒に食べると効果的な食材は全粒粉のパンやマヨネーズなど
  • サラダチキンだけを食べていると太ってしまう可能性があるので注意が必要

本文で、サラダチキンはいつ食べると良いのか、食べ合わせや食べ方についてさらに詳しくご紹介します。

サラダチキンはいつ食べるのが効果的?

サラダチキンは、健康に良い食品で、特にダイエットや筋力アップにおすすめです。

サラダチキンをいつ食べると効果が出やすいのか、サラダチキンを食べるタイミングを調べました。

方法は3パターンです。

  1. 朝ご飯に摂り入れる
  2. 筋トレの前後に摂る
  3. 夜ご飯に摂り入れる

詳しく紹介していきますね。

朝ご飯に摂り入れる

朝にサラダチキンを食べると、一日のエネルギー代謝がアップし、満腹感が持続します。

サラダチキンはそのまま食べても良いですし、サンドイッチやサラダに組み合わせたりして、手軽に摂取することができます。

筋トレの前後に摂る

筋トレの前や後に食べることで、筋肉の修復過程で筋肉量が増えて筋力アップや脂肪燃焼の手助けをしてくれます。

筋トレの30分前から1時間前、または直後から2時間以内にサラダチキンを食べるのがおすすめです。

夜ご飯に摂り入れる

夕食時にサラダチキンを食べると、寝ている間に筋肉が効果的に回復します。

タンパク質は消化に時間がかかり、夜食欲を抑える効果もあるので、ダイエットを目的とする方におすすめですよ。

朝食と同じでそのまま食べるのも良いですが、スープや炒め物にすると、おかずの一品になって食べやすくなります。

サラダチキンと一緒に食べるもの

サラダチキンは、ダイエットに効果的な低カロリーで高タンパク質の食品です。

ですが、単体だと栄養が偏ってしまうので、他の食材との組み合わせが大切になります。

どんな食材と相性が良いのかまとめてみました。

  • ビタミンCを多く含む食材
  • 全粒粉のパン
  • マヨネーズ

ビタミンCを多く含む食材は、タンパク質の吸収を促す働きがあり、抗酸化作用や免疫力向上の手助けをしてくれます。

一緒に食べると栄養に良いとされているのが、赤黄緑のピーマンや芽キャベツ、レモン、キウイフルーツなどのビタミンCが多く含まれている野菜やフルーツです。

おすすめなのはピーマン類と芽キャベツです。

全粒粉のパンには食物繊維やビタミンB群、ミネラルが豊富に含まれていて、便秘や血糖値の上昇を防いでくれます。

サラダチキンと野菜を挟んでサンドイッチにすれば、バランスの良い食事になりますね。

マヨネーズにはタンパク質の吸収を促す酢やエネルギー源になる砂糖も摂取できるので、鶏胸肉との相性は抜群です。

低脂質なサラダチキンに少量のマヨネーズを加えると、風味や食感が豊かになって食べやすくなります。

相性の良い食材を組み合わせることで、サラダチキンのダイエット効果を高めつつ、栄養バランスを整えることができます。

サラダチキンを食べると太るのは本当?

サラダチキンの食べ方によっては太ってしまうこともあります。

  • サラダチキンだけを食べている
  • サラダチキンを食べすぎている
  • 運動をしていない

ここからは、太ってしまう原因3つを解説していきます。

サラダチキンだけを食べている

サラダチキンだけを食べ続けていると、栄養が偏ったり、タンパク質を過剰に摂取してしまいます。

1日何グラムのタンパク質を摂ったら良いのでしょうか?

人間の1日のタンパク質の摂取量は体重1kgあたり1gが目安です。

体重が60kgの人なら60gになりますね。

サラダチキン1パックあたりのタンパク質の量は約10g〜30g前後になるので、サラダチキンでタンパク質を摂取するとなると2〜4パックほどが適量となります。

ですが、サラダチキンだけを食べていると、代謝の低下や体調不良をおこしたり、逆に太りやすい体質になってしまうので注意が必要です。

食べ方や組み合わせる野菜、食材を工夫して、タンパク質だけでなく、炭水化物や脂質、ビタミンやミネラルなどバランス良く摂ることがおすすめです。

サラダチキンを食べすぎている

サラダチキンを食べすぎると摂取するカロリーの量が多くなってしまいます。

サラダチキンのカロリーは、一般的には1食分約110gあたり130〜140kcalです。

サラダチキンは味付けによっては、添加物や塩分が含まれているので、たくさん食べすぎると体が浮腫んだり高血圧になったりと、体に悪影響を与えることもあります。

無添加のサラダチキンや自家製のサラダチキンは添加物や塩分の量が少ないので、毎日食べても安心ですよ。

無添加のものは妊婦さんにも安心して食べられます。さらに、パウチタイプのものなら長期保存ができるので非常食用として常備しておくこともできますよ。

運動をしていない

サラダチキンでタンパク質をたくさん摂取しても、それだけでは脂肪を燃焼してくれないので、適度な運動が重要になります。

有酸素運動や筋肉トレーニングを取り入れると、サラダチキンで摂取したタンパク質が筋肉量と代謝をアップさせてくれるので、ダイエットにとても効果的です。

痩せやすい体を作ってくれますよ。

運動が苦手の方は、ヨガやストレッチから始めても良いです。

サラダチキンを食べるタイミングまとめ

この記事では、サラダチキンはいつ食べると良いのか、食べ合わせや食べ方についてまとめました。

  • サラダチキンを朝食に食べると代謝が上がって食べ過ぎを防げる
  • 筋トレの前後に食べると筋肉の修復をしてくれる
  • 夕食に食べると就寝中に筋肉を回復、満腹感から夜食や間食を抑えることができる
  • ビタミンCを多く含む野菜や全粒粉、マヨネーズと食べ合わせが良い
  • サラダチキンの食べ過ぎや偏った栄養バランス、運動不足は太る原因になる

サラダチキンを食事に上手に取り入れ、適度な運動とバランスの良い食事を心がけることが大切です。

サラダチキンをいつ食べたら良いのか、自分の生活リズムに合わせながら、ダイエットの効果が出やすいタイミングで召し上がってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました