七五三に祖父母を呼ぶのはめんどくさい?呼ぶ呼ばないのメリットデメリットと対処法

子育て

七五三に祖父母を呼ぶのはめんどくさいとき呼ぶ呼ばないのメリットデメリットと対処法についてご紹介します。

お子様の七五三に祖父母を招待するか、しないかを選ぶ際にこんなお悩みはありませんか?

  • 祖父母が遠くに住んでいる
  • 祖父母との関係が良好でない
  • 祖父母からの期待と招待への義務感

これからの関係性にも関わるので慎重に判断していきたいところですよね。

そこで、七五三に祖父母を招待するメリットとデメリット、対処の仕方について調べました。

  • 七五三に祖父母を呼ぶのがめんどくさい理由は、出費がかさむことや手間がかかることがあげられる
  • 七五三に祖父母を呼ぶメリットは子供にとって思い出を作ってあげられる
  • 七五三に祖父母を呼ぶことのデメリットは日程の調整が面倒に感じることもあること
  • 七五三に祖父母を呼ばない場合は、後日フォトフレームを贈るのも記念に残っていい

本文で、七五三に祖父母を呼ぶ呼ばないのメリッデトとメリット、対処の仕方についてさらに詳しくご紹介します。

七五三に祖父母を呼ぶのがめんどくさい理由

七五三の際に祖父母を招待することが手間だったりめんどくさい理由は、いくつかの要因があります。

  • 遠くに住んでいて交通費や宿泊費がかさみ、気軽に呼べない
  • 食事会の費用や予約の手間がかかる
  • 祖父母との関係が良好ではなく、ストレスになる

遠くに住んでいると交通費や宿泊費がかかるので、どちらが負担するのかも考えてしまいますよね。

また、子供のお祝いなので変に気疲れしてしまうのも避けたいと思うものです。そのため、関係性が良好でない場合は特にめんどくさい気持ちが強くなりやすいですね。

七五三に祖父母を呼ぶメリットとデメリット

七五三に祖父母を招待するメリットとデメリットを考えてみました。

祖父母を招待するメリット

  • 祖父母と一緒に撮った記念写真は家族全員にとって特別な思い出になる
  • にぎやかにお祝いしてもらえると子供は嬉しい
  • 祖父母は七五三の経験者なので、分からないことを聞くことができる
  • 祖父母からお祝いをもらえることがある

当日の服装や持ち物、食事会のお店など、分からないことがあれば祖父母に相談にのってもらえます。

また、祖父母を呼ぶことで人が多くなりますのでにぎやかになりお子さんが喜ぶことも考えられますね。

祖父母を招待するデメリット

  • 祖父母が遠方に住んでいる場合、日程や場所の調整が難しく写真スタジオや神社の予約も取りづらい
  • 祖父母が遠方に住んでいると交通費や宿泊費、食事会費用がかさむ

一般的に食事会の費用は、1人5000円程度が多いようです。

お子さん1人・両親・両家の祖父母となると7人ですので、両家を呼ぶとなると、大きな出費になりますね。

お祝いはしたいけど出費は出来るだけ抑えたと考えている場合は、一番のデメリットとなる部分です。

七五三に祖父母を呼ばない場合の対処法

メリットデメリットをお伝えしてきましたが、七五三に祖父母を呼ばないこととしたときの対処法を考えてみました。

事前に親子だけでお祝いする

事前に子供の気持ちや家族の状況を素直に伝えることで理解してもらえます。
感情的にならないで、冷静に事情を説明することが大切です。

両家の両親とも呼ばない

一方の祖父母だけを招待すると、もう一方の祖父母の気を悪くしてしまいます。
どちらの祖父母も招待しないという方針を明確にして同等な対応を行うと、円満に解決することができます。

後日報告をする

事前に日程を伝えると、参加の意向が出てしまうこともあります。
後日、親子だけでお参りしたことを報告すれば、無理なく伝えることができます。

保育園や幼稚園の行事として七五三がある

七五三の行事がある保育園や幼稚園の場合、それを理由に祖父母を招待しないこともできます。
子供は友達と一緒にお参りしたり、写真撮影を楽しむことができますし、祖父母も納得がいきやすいです。

写真を贈る

七五三の日に祖父母を招待しなくても、写真やビデオをプレゼントすることで、祖父母との関係を良好に保つ方法もあります。
写真館や神社で撮った写真をプリントしたり、スマートフォンで送ったりすることで、孫の晴れ姿を見せることができます。

七五三は家族の絆を深める大切な行事です。

祖父母を傷つけずにスムーズに伝えるための参考になればと思います。

七五三に祖父母を呼ぶかどうかの判断基準

七五三に祖父母を呼ぶかどうかを判断する時の基準は、次のようなものが考えられます。

子供の気持ち

七五三の主役は子供です。
子供が祖父母と一緒にお祝いしたいと思っているかどうかを聞いてみて、子供が喜ぶなら祖父母を呼べば子供の気持ちを尊重できます。

祖父母の意向

祖父母も孫の成長を見たいと思っているかもしれません。
遠方に住んでいたり、体調が優れなかったりする場合は参加しないこともあります。

家族関係や状況

祖父母との関係が良好でなかったり、両家の祖父母が揃うと気疲れしたりする時は、家族だけでお祝いしても大丈夫です。
祖父母を必ず招待しなくてはいけない訳ではないので、状況に合わせて決めてくださいね。

日程や費用

七五三に祖父母を呼ぶと、日程や費用の調整が必要になります。
両家祖父母との日程の擦り合わせにストレスを感じたり、宿泊費などの金銭的な負担とお参りや食事会などの予約の手間がかかります。

子供の気持ちや祖父母の意向を汲み取ることは大切ですが、計画と準備をする貴方も大切です。

ストレスを溜め込まず、家族と相談して納得できる選択をしてくださいね。

七五三に祖父母を呼ぶのがめんどくさいと思うことまとめ

この記事では、七五三に祖父母を呼ぶのがめんどくさいと思うことについてまとめました。

  • 祖父母が七五三に来てくれると子供は嬉しい
  • 経験豊富な祖父母は、分からないことがあればアドバイスをしてくれる
  • 遠方に住む祖父母への交通費や宿泊費、日程調整が手間になる
  • 祖父母を招待しない場合は両家平等にする
  • 親子だけでお参りをしたと、事後報告しても良い
  • 写真やビデオを贈る

祖父母の七五三への参加は強制ではありませんが、一方を招待してもう一方を招待しないとなると、関係にヒビが入ってしまうこともあります。その場合は、両家とも誘わない方が円満にすみますよ。

お子様の意見や家庭の状況、それぞれの価値観に合わせて、最善の選択を行なってくださいね。

家族の幸せが何よりも大切です。

タイトルとURLをコピーしました