タトラスラビアナは毛玉ができやすい?お手入れ方法や寿命は何年かも調査

ファッション

タトラスラビアナは毛玉ができやすいかについてご紹介します。

それに合わせて、永く着るためのお手入れ方法や寿命もまとめていきます。

タトラスラビアナを選ぶ際にこんなお悩みはありませんか?

  • 高品質なウール素材のダウンジャケットだけど、毛玉ができやすい素材は困る。
  • お手入れ方法がわからない。

安いダウンジャケットではないからこそ、購入前にお手入れ方法や永く着れるかを確認したいですよね。

確かに、ウール素材は摩擦や洗濯で毛玉ができやすいという問題があります。

そこで、タトラスラビアナを着用する際の毛玉予防の仕方や、お手入れ方法について調べてみました。

  • タトラスラビアナは毛玉ができやすいか
  • 永く着るためのお手入れ方法
  • タトラスラビアナの寿命

本文で、タトラスラビアナは毛玉ができやすいのかとお手入れ方法等についてさらに詳しくご紹介します。

タトラスラビアナは毛玉はできやすいか

タトラスラビアナの毛玉予防の仕方や、お手入れ方法について調べてみました。

タトラスラビアナは高品質なウール素材のダウンジャケットで、イタリアのBotto Giuseppe社の軽量ウール素材が使われています。

ウール素材は、一般的に摩擦や洗濯によって毛玉ができやすいと言われているんです

けれど、タトラスラビアナはシワが付きにくい加工された生地が使われているので、毛玉の発生が抑制されているという声も聞かれます。

では、自分自身で何か予防することはできるのでしょうか?

毛玉を予防するポイント

毛玉を予防するポイントは、以下の3つです。

  1. 日常の着用時に摩擦を最小限に抑える
  2. ジャケットを脱いでから座る
  3. 毛玉取り器具を使用する

ジャケットの生地同士が擦れないように気を付けると、摩擦による毛玉のリスクが減ります。

その一つの方法として、ジャケットを脱いでから座ることで裾部分の擦れがなくなりますので、毛玉も出来にくくなりますよ。

適切な対応で毛玉は出来にくくなります。

ただ、着用する回数が増えるごとに毛玉が少なからず出るものです。

そのため、毛玉ができたときは適切な対応をすることで毛玉を増やすことは無くなります。

その方法の一つは、毛玉取り器具を使用することです。毛玉取り器を使えば、ダウンコートの美しい状態を保てます。

以上のことを行うことで、タトラスラビアナのダウンジャケットの毛玉を出来にくくしますよ。

永く着るためのタトラスラビアナのお手入れ

タトラスラビアナのような高級なアウターを永くきれいに保つためには、適切なお手入れが必要です。

以下に、タトラスの公式サイトやクリーニング店の情報をもとに、お手入れ方法を詳しくご紹介していきますね。

撥水加工の注意

タトラスのダウンコートは多くが撥水加工がされていますが、これらは主にタウンユース向けのファッションアイテムです。

雨や雪に濡れた場合はできるだけ早く乾いた布で水分を拭き取って、風通しの良い場所で自然乾燥させてください。

ただし、防水スプレーの使用は生地を傷つける可能性があるため、避けます。

防水スプレーは使わないでくださいね。

汚れたときはクリーニングに出す

ジャケットが汚れた場合は、必ず専門のクリーニング店にクリーニングを依頼してください。

自宅での洗濯や乾燥機の使用は、ダウンのボリュームや形を損なうおそれがあるため避ける方が安心です。

また、クリーニング店とのトラブルについては、タトラス川は責任を負わないとしていますので自己判断での処理は絶対に避けてくださいね。

保管方法

ジャケットを保管するときは、直射日光を避けて風通しの良い場所でハンガーにかけておきます。

汗やほこりなどの汚れは生地を劣化させる原因となるので、冬が終わったらクリーニング後に保管することがおすすめです。

また、ダウンのボリュームが減少した場合は、手でダウンをほぐして、空気を入れたり、晴れた日に日陰で干すことでボリュームが回復できます。

ギャランティカードの保管

タトラスのアウターには正規品であることを証明するギャランティカードがついています。

ギャランティカードは修理などのアフターメンテナンス時に必要なので、大切に保管して紛失しないように気をつけてください。

お手入れと注意を怠らず、ジャケットを愛用し続けたいですね。

タトラスラビアナは何年着れる?

通常、ダウンコートの寿命は一般的に5~6年程度と言われています。

ただ、タトラスラビアナは高品質なポーランド産ホワイトグースダウンを使用したウール素材のダウンコートで、その品質によって永く着れるようになっています。

そのため、お手入れ方法や保管状態によって個人差があるものの丁寧に取り扱うことで、10年以上着用できることも考えられます。

タトラスラビアナは毛玉できやすいかまとめ

この記事では、タトラスラビアナは毛玉ができやすいか、永く着るためのポイントについてまとめました。

  • 「タトラスラビアナ」は高品質なウール素材のダウンジャケットで、ウール素材の毛玉問題に対処するためにシワが付きにくい生地が使用されている。
  • 毛玉を防ぐには摩擦を減らすこととジャケットを座る際に脱ぐことが大切。
  • ダウンコートの寿命は5~6年以上で、撥水加工に注意して、汚れたらクリーニング店に頼むこと。
  • ジャケットを保管する際には日光を避け、風通しの良い場所で吊るして、ギャランティカードは保管。

タトラスラビアナは、永く着れるように素材にこだわり作られています。

そのため、着用後のお手入れや毛玉出来にくくするための予防をすることで、平均寿命である約5年よりも永く着られることが考えらますよ。

冬の外出には必要なダウンコート。その中でも、タトラスラビアナのダウンは高価ですので着用方法やお手入れに気を付けて永く着用したいですね。

タイトルとURLをコピーしました