サーモスとティファールを比較!耐久性がありで長持ちするのはどっちがいい?

サーモスとティファールを比較!耐久性がありで長持ちするのはどっちがいい? キッチン関連

サーモスフライパンもティファールフライパンも取っ手が外せるタイプです。

一体どのように違うのか迷ってしまうのではないでしょうか?そしてどっちがいいのか気になりますね。

この記事では、サーモスとティファールのフライパンの違いをご紹介します。

比較したら5つの違いを見つけました。

主な違い
  • お知らせマーク
  • 取っ手の材質
  • 深型設計の基準数値
  • コーティング層
  • 価格

この違いによって、サーモスフライパンとティファールフライパンそれぞれでおすすめの人が変わってきます。

サーモスフライパンがおすすめの人
  • 予算を抑えたい方
  • 軽量で使いやすい方
  • 基本的な調理に適した方
  • お手入れを簡単にしたい方
ティファールフライパンがおすすめの人
  • 長期間使いたい方
  • 高温調理が多い方
  • 均等な熱伝導性が必要な方
  • 高品質な調理器具を求める方

価格重視で選ぶならサーモスフライパンがおすすめです。

対して、ティファールフライパンは料理が大好きで毎回の調理にこだわりを持って行い方には適しています。

本文では、サーモスとティファールフライパンの違いや共通点とそれぞれおすすめの人をさらに詳しくご紹介します。

サーモスとティファールの違いを比較

サーモスとティファールの違いを比較してみたら、主な違いは5つだけでした。

  • お知らせマーク
  • 取っ手の材質
  • 深型設計の基準数値
  • コーティング層
  • 価格

詳しいそれぞれの違いを、分かりやすく比較表でもご紹介します。

サーモスティファール
お知らせマーク無し有り
取っ手の材質シリコン製 
1点固定式
金属製 
3点固定式
深型設計の基準数値20cm~22cm~
コーティング層3層6層
価格(26cmの平均)約3,000円約5,000円

お知らせマークはティファールのみ

予熱完了が分かるようになっているのはティファールのみです。

ティファールは、オレンジ色のお知らせマークが装備されていますが、サーモスのフライパンにはこのマークはありません。

取っ手の材質

サーモスは、シリコン製の取っ手で1点固定式です。

それに対してティファールは、金属製の取っ手で3点固定式です。

深いフライパンはティファール

深型設計の基準が違います。

サーモスのフライパンは20cmで、ティファールのフライパンは22cmと深さに2cmの違いがあります。

この違いによって、料理の量や収納スペースなどに影響は出る場合はあります。

ただ調理に関しては、20cmの深さが有れば煮物や炒め物など問題なく調理はできるので、多少の影響があるとしても困ることはないと思います。

コーティングの層が多いのはティファール

サーモスフライパンのコーティング層は3層です。

対して、ティファールのフライパンは、チタニウム粒子を混ぜた6層のコーティングで出来ています。

価格が抑えられるのはサーモス

コーティング層に違いがあることも含めて、販売価格にも差が出ています。

価格差として、ティファールの価格よりサーモスの方が3分の2程度で購入できます。

【フライパン】サーモスとティファールの共通点

サーモスとティファールの共通している所をご紹介します。

  • コーティング
  • 取っ手
  • オール熱源

詳しくご紹介しますね。

コーティングにこだわっている

サーモスはデュラブルコートという独自開発したものでコーティングされています。

対してティファールは、チタニウム粒子を混ぜた最高級のものです。

どちらのコーティングも耐久性に優れていて、摩擦にも強いのが特徴です。

取っ手が外せるタイプ

サーモスもティファールも取っ手が外せるタイプです。

取っ手を外すことで、オーブン料理も可能にしてくれます。

また、収納やお手入れがしやすくなっています。

取っ手が外れると省スペースで収納できるから、スペースが限られている人にはおすすめです♪

オール熱源でガスとIHの両方使える

サーモスフライパンとティファールフライパンは、ガスやIHなどさまざまな熱源に対応しています。

両方の熱源に対応しているフライパンは、均一な熱伝導となり食材を美味しく仕上げるメリットがあります。

そして、ガスだけIHだけとどちらか一方にかたよることが無くなることで、柔軟に調理が出来てスキルも向上していきます。

サーモスとティファールのフライパンどっちがいい?こんな人におすすめ

サーモスフライパンとティファールフライパン、それぞれにおすすめなのは以下のような人です。

サーモスフライパンがおすすめの人

サーモスがおすすめな人は

  • 予算を抑えたい方
  • 軽量で使いやすい方
  • 基本的な調理に適した方
  • コンパクトな収納が必要な方
  • 軽いお手入れが好きな方

その軽快な使い心地は疲れにくさをもたらし、特に忙しい日常に適しています。

このことから、料理初心者や日常の料理を楽しむ方と忙しい生活や手間をかけたくない方に最適です。

サーモスフライパンは予算や使い心地、手軽さなどを重視した調理器具です

ティファールフライパンがおすすめの人

ティファールフライパンがおすすめな人は、

  • 長期間使いたい方
  • 高温調理が多い方
  • 均等な熱伝導性が必要な方
  • 高品質な調理器具を求める方
  • 収納スペースに制約のある方

ティファールフライパンは高品質なコーティングと6層構造のおかげで、長く使える調理器具です。

また、高温での調理も可能で、焼き物や高温調理に強いです。

そのため、様々な調理法に対応できます。

さらに、熱が均一に伝わるので、料理が一様に熱され、おいしくできる魅力があります

信頼できる品質の高い調理器具を探している方にぴったりです。

サーモスとティファールフライパン違い比較まとめ

この記事では、サーモスとティファールのフライパンの違いを比較しまとめてきました。

違いは5つです。

  • お知らせマーク
  • 取っ手の材質
  • 深型設計の基準数値
  • コーティング層
  • 価格

この違いによって、それぞれおすすめの方も変わってきます。

サーモスフライパンの特徴とおすすめの人
  • 予算を抑えたい方に適しています。
  • 軽量かつ使いやすく、基本的な調理に向いています。
  • 料理初心者や日常の料理を楽しむ方に最適です。
  • コンパクトな収納が必要な方に便利です。
  • 軽いお手入れが好きな方にも適しています。
ティファールフライパンの特徴とおすすめの人
  • 長期間使用したい方におすすめです。
  • 高温調理が多い方や高温に耐える性能が必要な方に向いています。
  • 均等な熱伝導性が重要な方に適しています。
  • 高品質な調理器具を求める方にピッタリです。
  • 収納スペースに制約のある方でも使いやすいです。

サーモスフライパンは、予算や手軽さを重視し、基本的な調理に向いています。

一方、ティファールフライパンは耐久性や高温調理に強さ、均一な熱伝導性を求める方に向いています。

どちらも優れた調理器具ですが、ご自身のニーズに合わせて選ぶことが大切です。

使いやすい自分にあったフライパンを持つことで、新しいレシピに挑戦しやすくなり、料理を通じての家族との笑顔と幸せな思い出が増えていきますね♪

タイトルとURLをコピーしました