三色団子はいつ食べるもの?季節となぜ三色かの意味も解説!

三色団子はいつ食べるものかについて食べる季節を調べました。また、なぜ三色か理由もご紹介します。

三色団子を食べる際にこんな気になることはありませんか?

  • 三食団子を食べる季節は決まっているのか気になる
  • どうしてピンク・白・緑の三色なのか
  • 三色に味の違いはあるか

確かに三食団子はどの季節に食べるものか気になりますよね。

そこで、三食団子はいつの季節に食べるものなのかについて調べてみました。

  • 三色団子は食べる季節は決まっていないので、いつでも食べてよい
  • 三色は縁起の良さや春の訪れをあらわしている
  • 味はピンク色は梅や桜の酸っぱさ、白色はすあまの甘さ、緑色はよもぎや抹茶の味

本文では、三色団子を食べる季節についてさらに詳しくご紹介します。

三色団子を食べる季節はいつ?

春の訪れを感じることができる美味しい和菓子の三色団子は、お花見やひな祭りなどの春の行事で楽しまれることが多いイメージですね。

ですが、三色団子は日常のおやつとしても親しまれていて、はっきりとした食べる季節は決まっていません。

三色団子は、ピンク、白、緑の三色が1本の串に刺さった可愛らしい見た目が特徴です。

そしてなんと手作りすることもできるので、自分で団子を作る楽しさを味わうこともできます。

特別な日だけでなく、普段の生活でもいつでも気軽に楽しめる和菓子なのは嬉しいですね。

三色団子がなぜ三色か解説

三色の意味

三色団子がなぜ三色なのかにはっきりとした理由はありませんが、以下の2つの説があります。

  • 一つは、ピンクが春、白が冬、緑が夏を象徴しており、秋がないことで「飽きない」感覚を表現しているという説です。
  • もう一つは、ピンクが桜、白が白酒、緑がよもぎといった春の要素を表している説です。このことから花見で楽しまれるようになったようです。

三食団子の順番にも理由があり、上からピンク・白・緑で、これは桜の咲く順番や太陽・空気・大地を意味していると言われています。

三色団子は豊臣秀吉が醍醐寺で開いた花見の茶会で考案されたと伝えられ、女性が喜ぶように色鮮やかで甘い団子が作られました。

それから三色団子は、日本の美しい季節や文化を感じさせる和菓子として根付いて、日常のひとときや特別なイベントで楽しまれています。

三食団子の味

三色団子は3つとも味が違います。

味は、上新粉に砂糖を混ぜた「すあま」の白に、赤しそやくちなし、桜やよもぎで着色されていて、ちがった味が楽しめます。

ピンク色は梅や桜の酸っぱさ、白色はすあまの甘さ、緑色はよもぎや抹茶の味です。

1本で3種類の味が楽しめる和菓子は三色団子ならでは、という感じがしますね。

ちなみに「すあま」とは、上新粉と砂糖を使った餅菓子のことです。

三色団子は3本しか入っていない理由

三色団子が3本しかない理由には、2つ考えられます。

  1. 三色団子の色が四季を表しており、秋を感じされる色が使われていないことで「飽きない」という意味があるという説です。
  2. 豊臣秀吉が醍醐寺で開いた花見の茶会で考案されたという伝承もあり、3本にすることで縁起が良いとされたという説もあります。

これらの要素が組み合わさって、三色団子が現在の形になったようです。

和菓子には縁起や季節などたくさんの由来があって、なんだか食べる以外の楽しみもありますね。

三色団子はいつ食べるのか季節まとめ

この記事では、三色団子はいつ食べる物か、季節となぜ三色かについてまとめました。

  • 三色団子はお花見やひな祭りなどの春の行事の他に、日常のおやつとしても親しまれている。
  • 由来には複数の説があり、一つは色が春、冬、夏を表し、「飽きない」感覚を表現している。
  • ピンク色は梅や桜の酸っぱさ、白色はすあまの甘さ、緑色はよもぎや抹茶の味。
  • 豊臣秀吉の花見の茶会で考案され、3本にすることで縁起が良いとされ、三食団子は日本の文化において特別な存在となっている。

いつ食べても美味しい三色団子♪三色の理由や味の違いを感じながら食べると、今までとはまた違った味わいで楽しめますよ。

タイトルとURLをコピーしました