おくるみはいつ使うと便利?お出かけやお風呂上がりに活用できるコツ

子育て

おくるみはいつ使うと便利なのかについて紹介します。

また、お出かけやお風呂上りに活用するコツもまとめました。

おくるみはいつ使うと良いのか、どのように活用できるのか分からない、といったお悩みはありませんか?

  • おくるみが使える期間
  • 使い方や活用の仕方
  • 湯上がりタオルにしてもいいのか
  • 洗濯はできるのか

おくるみの出番が少ないと買うべきなのかも迷ってしまいますよね。

そこで、おくるみはいつから使えるのか、使い方や活用方法、お風呂上がりに使えるのかついて調べてみました。

  • おくるみは生まてからすぐ使える便利アイテム
  • おくるみはお出かけのときにも使えてママの手助けをしてくれる
  • おくるみをお風呂上がりに使う一番のメリットは体温調節
  • 洗濯するときは洗濯ネットを利用する

本文で、おくるみはいつ使うと便利なのかと、おくるみの活用方法についてさらに詳しくご紹介します。

おくるみはいつ使うのがおすすめ?

おくるみの使用は、生まれたての赤ちゃんから首がすわる生後3~4ヶ月頃までがおすすめです。

おくるみは、赤ちゃんに安心感を与えたり、モロー反射を少なくしたり、冷房や寒さから体温を守ったり、寝かしつけるときなど、さまざまな場面で大活躍します。

  • 抱っこするときや移動するとき
  • 寝かしつけるとき
  • お風呂上がりや寒い日に

おくるみは赤ちゃんの成長に合わせて使い方を変えていくと良いですね。

抱っこするときや移動するときには、おくるみで赤ちゃんの身体を包んであげると、赤ちゃんを抱っこしやすくするだけでなく、体温を保つ役目もあります。

また、寝かしつけるときには、おくるみで赤ちゃんの身体をしっかり固定するスワドリングという巻き方をしてあげると安心して眠りにつくことができるようです。

お風呂上がりや寒い日には、おくるみで赤ちゃんの身体を包んであげると湯冷めを防ぐのに役立ってくれます。

保湿にもなるので、赤ちゃんの肌を乾燥から守る心強い味方になってくれますね。

お出かけ時におくるみを活用する方法

おくるみはお出かけするときに、さまざまな便利な使い方ができます。

防寒や日よけに最適

ベビーカーやカートの上にかけることで、赤ちゃんを暖かくすることができ、日差しからも守ってくれます。

おくるみをかけるときの注意点は、赤ちゃんの顔が見えるようにして、呼吸がしやすいように確認することです。

赤ちゃんが動くとおくるみがずり落ちてしまうので、クリップなどでしっかりとめるのもポイントですよ。

授乳ケープに変身

おくるみを首に巻いてクリップで留めると、授乳ケープにもなります。

おくるみの柔らかい肌触りが赤ちゃんに優しく、授乳をするときにも心地良い環境を作れます。

ベビーカーやカートにかけるときと同じように、おくるみで赤ちゃんの口と鼻が塞がらないようにすることが大切です。

外出先でのおむつ替えシートにもなる

車の中でのおむつ替えやおむつ台がないときにおくるみがあると便利です。

おくるみは吸水性があるので、おしっこやうんちの漏れを防いでくれます。

おくるみは赤ちゃんの心と身体の健康にとって欠かせないアイテムですね。

使い方や巻き方を工夫して、快適なおでかけを楽しんでください。

お風呂上がりにおくるみを使うメリット

お風呂上がりにおくるみを使うと、いくつかのメリットや効果があります。

お風呂上りにおくるみを使うのにはメリットが多い

  • 体温調節をしてくれる
  • 保温効果がある
  • パスタタオルより肌に優しい素材
  • 汗や水分を吸収しやすい

お風呂上がりは赤ちゃんが冷えやすいので、赤ちゃんをおくるみで包むと、体温を安定させて暖かくしてくれます。

コットンやガーゼなどの柔らかい素材は、赤ちゃんのデリケートな肌にやさしく汗や水分を吸収しやすいので、お風呂上がりにもおすすめです。

おくるみの乾かし方 

天気の良い日におくるみを乾かすことがおすすめです。

直射日光が強すぎると色あせしたり、縮んでしまうこともあるので気をつけてくださいね。

洗濯機で洗うときや、手洗いして洗濯機で脱水をかけるときには、洗濯ネットを使用すると生地を傷めずに洗うことができます。

おくるみの素材だけではなく、洗濯に使う洗剤も気にかけると良いですよ。

赤ちゃん用洗濯洗剤には界面活性剤などの成分が入っていないものもあるので、デリケートな肌を守ることができます。

おくるみはいつ使うのかまとめ

この記事では、おくるみはいつ使うと良いのか、どのように活用できるのかについてまとめました。

  • 生まれたての赤ちゃんから首がすわる生後3~4ヶ月頃までがおすすめ
  • 抱っこしやすくするだけでなく、寝かしつけやお風呂上がりに使える
  • ベビーカーやカートにかけると防寒や日よけになる
  • 授乳ケープやおむつ替えシートにもなる
  • 洗濯機で洗うときには、洗濯ネットに入れた方が良い

おくるみにはさまざまな使い方がありましたね。

これからおくるみを用意される方の参考になればと思います。

赤ちゃんが心地良く使用できるように、使い方に合わせて素材や大きさを選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました