湯シャンはカラーが落ちるのに影響する?色落ちを最小限に抑える方法

ヘアケア関連

今回は湯シャンはカラーが落ちるのに影響するのか、そして色落ちを最小限に抑える方法についてご紹介します。

頭皮トラブルの改善にも良いとされている湯シャンですが、こんな悩みはありませんか?

  • カラーリングをした髪が色落ちしてしまうのではないか。
  • 湯シャンを試してみたいが、カラーリングとの相性や色持ちがきになる。
  • カラーリング後の髪を傷めずに、湯シャンを楽しみたい。

確かに髪の色落ちやダメージは悩みますよね。心配せずに、湯シャンするにはどうすればいいのでしょうか?

そこで、今回は湯シャンとカラーリングの関係ついて調べました。

  • 湯シャンとカラーリングの相性や色落ちの仕組み
  • カラーリング後の髪の色持ちを向上させる方法
  • 髪を傷つけずに湯シャンを楽しむためのコツ

本文で、湯シャンとカラーの関係や髪へのダメージについてさらに詳しくご紹介します。

湯シャンとカラーリングについて知ることで、美しい髪の色を持続させるためのヒントにしてみてください。

湯シャンとカラーの関係は?色落ちの原因と対策

湯シャンとカラーの関係についてまとめていきます。

湯シャンとカラーリングの関係と色落ちの仕組み

湯シャンには、頭皮や髪の毛の健康を保つ効果がありますが、カラーリングした髪には注意が必要です。

カラーリングした髪は、水に濡れると色素が流れ出しやすくなるため、湯シャンをすると色落ちしやすくなります。

特に、赤みの色素が多く含まれている暖色系のカラーは、色落ちが目立ちやすいです。

色落ちの対策

カラーリング後の最初の2~3日間は、湯シャンではなくカラーリング専用のシャンプーを使って洗うことで、色素が定着するので色落ちを防げます。

また、熱すぎるお湯も髪にダメージを与え、色落ちを早める原因になってしまうので、ぬるま湯(38度以下)を使用して、髪を優しく洗うことが大切です。

お湯だけで洗うメリットとデメリット

お湯だけで髪や体を洗う(シャンプーやせっけんを使わずに水やお湯だけで洗う)方法には、メリットとデメリットがあるので、説明しますね。

メリット

メリットは、肌に優しいことです。

通常のシャンプーやせっけんは、肌の保湿成分やバリア機能を洗い流し、乾燥や敏感肌の原因となることがあります。

しかし、お湯だけで洗うと、肌に必要な皮脂や水分を保持しながら汚れを取ることができ、また、合成界面活性剤や香料などの刺激物質を避けることも可能です。

シャンプーは髪や頭皮にダメージを与えることもあり、特にカラーリングやパーマをかけた髪は、ダメージの可能性が高くなるのでお湯だけで洗うことで、髪や頭皮の自然な油分や水分を保つこともできます。

さらに、シャンプーやせっけんは日常的に使うため、お金がかかりますが、お湯だけで洗うことで使用量を減らせるので、経済的にも良いです。

デメリット

​デメリットは、汚れが取れにくい点です。

なぜなら、お湯だけで洗うと水に溶けにくい汚れや油性の汚れが取れにくいからです。

なので、整髪料やヘアオイルは落としきれず残ってしまいます。

また、皮脂が多い人も皮脂は落としきれず、べたつきやニオイの原因になることもあるので、避けたほうがいいです。

湯シャンでカラーが落ちないようにする方法

湯シャンをするとき、カラーが落ちにくくなるコツは3つあります。

  • 高温のお湯は色落ちしやすくなる可能性があるため、ぬるま湯を使用すること。
  • 長時間の湯シャンは色落ちしやすくなるので、髪を優しく洗って、早めにすすぐようにする。
  • カラーリング後は、成分が髪や体に残りにくくなるように、入浴剤やヘナを使用せず、もし使った場合は十分に洗い流してください。

カラーをしていない状態であっても、髪の毛に負担がかかる洗い方は傷める原因になります。

そのため、カラーを落ちにくくするのも上記の3つのポイントに気を付けることで、湯シャンを楽しみながら髪の美しさを保つことができますよ。

湯シャンとカラー落ちまとめ

この記事では、湯シャンとカラーについてまとめました。

  • 湯シャンは肌や髪に優しいが、カラーリング後の髪には色持ちが悪くなる可能性がある。
  • カラー後は、色落ちを防ぐために湯シャンの代わりに専用のシャンプーを最初の2~3日間使用することが効果的。
  • ぬるま湯を使って優しく髪を洗う。
  • 洗髪の時間を短くし、カラーリング後は入浴剤やヘナの成分を残さないようにする。

湯シャンはカラーの色持ちが悪くなることが分かりましたが、ケア次第で色持ちもよくできます。

肌に優しかったり、経済的というメリットもあるので、カラーが落ちにくいポイントに気を付けながら湯シャンで美しい髪を保ちたいですね。

せっかくカラーニングしたいお気に入りのヘアスタイルを少しでも長く保つために、カラーリング後に使えるシャンプーやトリートメントを使うことも考えてみてください。

特にカラーをした後に髪の毛がキシキシギシギシしてしまう場合は、潤いを与えてサラサラにしてくれるものがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました